日々の雑感

忍びの里、伊賀の地より。オーガニックとは? 「本物」はどこに?

えんとつ町のプペル

他の誰も見ていなくてもいい。
黒い煙のその先に、お前が光を見たのなら、
行動しろ。思いしれ。そして、常識に屈するな。
お前がその目で見たものが真実だ。
あの日、あの時、あの光を見た自分を信じろ。
信じぬくんだ。たとえ一人になっても。


★『えんとつ町のプペル』未収録原稿より

lineblog.me

 

spotlight-media.jp

グローバルリスク

足元のリスクをグローバルに捉えること。
「日本はどうなる?」という視点は
もはやあまり意味を持ちえないのかもしれない。
グローバルな課題とどう向き合っていくか、だ。

ローカルな世界だけで生き続ける種族と
グローバルに生きる種族のあいだには、
植物と動物と同じくらいの違いがあると思う。
べつにどっちが正しいとかじゃない。
生き物として違うんだって。

農業という<いのち>の相互依存様式のように、
動物が植物を飼いならすのか、
植物が動物に世話をさせるのか、
観念の枠組みなんてどっちだっていい、
良い共生のかたちが見つかればいいじゃない。

淡々と。

僕は僕に与えられた生命を全うするまで。

synodos.jp

キャップエコノミーの時代

これからの時代のビジネストレンド
(というか人類の動き!?)を
捉えるための手がかりっぽい感じ。
伊賀さん、いいっすね~。
そういえば、ちきXX・・・ぐはっ・・・
-----------以下引用-------------
今まで重要だった企業会計とか財務分析って、
Amazon みたいな企業が出てきたことによって
意味のない虚構になろうとしてますよね。
今年の利益の出し方をトコトン解明する損益計算書とか、
固定資産を詳細に分けてリストアップする貸借対照表など、
新しい世界においてどれだけの意味があるのか。
重要な分析要素はまったく別のところにあるんじゃないかと。
-------------------------------------
(メモ)
何かもう、帳簿つけるのが
マジあほらしくてめんどくせ~、
とか思っている自分に
絶好の言い訳を与えてしまいそうで怖い。。。
要注意。

www.dhbr.net

GとLの経済成長戦略

昨日の長浜行き~京都での通院、
移動の最中に、富山和彦氏の本を読みながら、
つらつらと色々考えてました。
.
途中いろいろと頭を悩ませるGとLの荒波、
インド系ネパール人のまくし立ててくる電話やら
頭の冴え渡る80過ぎのベテラン百姓の突然の襲撃やら
インターンで滞在中のNEW YORK出身の若い娘の人生相談やら
何とか無事かわしきって(なんじゃこのカオスw。)
さきほど無事読了。
うん、なかなかなよい時間だった~(^-^)
.
つづめて言えば・・・
製造業やIT業界のように、モノや情報といった
持ち運び可能なアイテムを扱う
グローバル(G)経済と、
飲食や医療や福祉、教育といった
「その場」にいないと体験できない
コトやサービスを扱う ローカル(L)経済とを
全く別の枠組として考えなあかんのちゃう?
っていうお話しでした。
.
とくにローカルについては
人口動態変化(=年寄ばかりになること)
の意味がまだまだちゃんと理解されてないから
そこんとこヨロシク、ってことを強調されていました。
.
藻谷さんの「里山資本主義」の指摘をくみ上げながら、
これから時代は”G”から”L”に変わるんだ!!!
という暑苦しい陶酔感はさらっと軽くいなし、
いや、豊かになるにはどっちも必要だから、
と淡々と説いていく姿勢に好感を持ちました。
.
全体に「至極ごもっとも」という感じ。
思考を整理するうえで、
大変よい刺激をいただきました。
.
オリンピックで金メダルとらなあかんやつと、
ともかくも朝昼晩、皆の暮らしを守るやつと、
そりゃ、組織の経営者やスタッフに求められる
マインドもスキルもがらっと変わるわけで。
.
農~食の産業においてはどうだろう?
生産技術や品質を生み出していく
「仕組」やノウハウづくりについては
普遍的(グローバル)な要素が効いてくる。
でも、生産や流通の日常のオペレーションは
どこまでも地域密着性を伴っていく。
.
ちなみに、今の僕がやってることについては、
当初 ”G” の世界から離れて ”L” に集中しようと
スタートしたはずだったけど、
自らの属性から”G”を指向するようになり、
ひとりの経営者がG とL 両方を見ているから
周囲(現場)の人たちが混乱してしまい、
色々大変なことになった、という理解。
.
あの、そのあたり近々しっかり整理します。
世界に打って出る部分(仕組づくり)と、
地域インフラを担う部分(生産・流通)とを
どういう経営スタイルで両立させるか、
これからのビジョンがだいぶ固まってきた。
.
よっしょ、やるよ~。

www.php.co.jp

サピエンス全史

よーいドン。
どんなフィクションをつくっていきましょう?
回答はフリースタイルで。
本当に面白い時代になってきた(^-^)

www.nhk.or.jp

法といのちの尊厳

これ好きだなあ。
法といのちの尊厳について考えさせる話。

なんならこの際ついでに、
お役所の人たちが心と思考を停止して
法の執行マシーンになってしまうことを
防ぎ制する法律ができないものかな。
法の精神としては、公務員服務規程とか、
本当はそうなっているんだろうけど。

所詮つくられたもの、恣意的な要素を
取り除くことなど出来ないルールを
安易に固定化、絶対化して押し付ける行為は
人道に対する犯罪になりうる。

法律も金も、所詮ツールだということが
分からない思考停止の人が多すぎる、
そんな時代がつづいたことの残念さ。

さらっと、しれっと変えよう。
頭と心を使い続けなきゃ、ね

 

www.huffingtonpost.jp

二刀流の共同体

日常のオペレーションを進めながら、
破壊的イノベーションの探索を続ける、
公式と非公式、秩序と無秩序を両立させる、
そんな「二刀流の共同体」という
組織の在り方の模索。

ど真ん中かも。

リーダーのありかたは
カリスマではなくファシリテータ。
飯食ったり散歩したりしながら
学びを深める機会が与えられる。

国家ではなく、家族でもない、

 

bizzine.jp


アクティブな「村」をつくるイメージで
企業統治をするということかな。