読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の雑感

忍びの里、伊賀の地より。オーガニックとは? 「本物」はどこに?

問答会

学びのための新たな取り組み
 「伊賀た組」
第一回目を開催しました。

参加者一人ひとりが抱える「問い」を発してもらい、
それぞれがその「問い」への自分なりの答えを提示、
その「問い-答え」を皆で繰り返しほじくりながら
物事の理解を深めていく「問答会」

初回は堆肥製造を話題にしました。
そこで扱ったテーマをざっと挙げれば、
窒素の有機~無機(アンモニア・硝酸)の動態変化、
発酵過程とは?炭素窒素比(CN比)変化の要因、
酸化還元環境と窒素の気化過程との関わり
phとは何か、phと酸化還元雰囲気との関係、
発酵過程の反応熱による発熱現象と熱流体の動き、
エアレーションによる温度や窒素濃度の制御方法、
この地域で求められる堆肥の「品質」とは何か
長期で効果を発揮するのか、即効性か、などなど。

かなり深いテーマまで食い込みましたが
難しい学術用語を極力使わず、問い―答えを
繰り返すことで「リアルタイム感」を生み、
学びの効率を向上できたのではないかと思います。

「教えて人間」はいらない。
「道場」は情報収集の場でなく、そのきっかけを与える場。
「自ら学びたい」意欲をどうやって高めるか、
そこに集中して今後も進めていきたいと思います。


-----


(た組の背景についての雑感)
僕は、様々な事業の成否を決める要素は
それを動かす「人」の質だと思っています。

なかでも今、この「質」として重視したい資質は
OODA(ウーダ)サイクルを回す能力です。

・Observation 常にアンテナを張って情報収集する「観察力」
・Orientation 情報を統合整理して意味付けを与える「分析力」
・Decision 進むべき方向を明確にするリーダーシップ「決断力」
・Action 決めたらスピーディに行動に移せる「行動力」

例えば「業務改善」というテーマなら、
自分達が抱えている課題、問題に【気づき】、
何故その課題が起こっているか、問題の構造を【可視化】し、
それに対応する方法を検討したうえで進む道を【決定】し、
すぐに担当者とスケジュールを立てて【実行】していく、
そういう流れ(ループ)をつくり出せる人材なのかどうか。
.
農業のように刻一刻と様相を変える自然現象を相手に
安定的にOUTPUTを出す(商品供給をする)ためには、
自ら状況判断し、意思決定し、すぐに行動に移せる、
自律分散業務に対応できる人材が求められます。

今の混沌とした時代情勢のなか、
「お上」がトップダウンで指示をしていくのでは
判断も決定も追いつかず、後手後手に回るケースが増え、
戦略的に生き残りが難しくなってきているようです。

根っこの部分から自分の頭で考え、自分で決め、自分が動く。
そういう自立した人間こそが、これからの時代に
求められる人物像になっているのではないでしょうか?

その意味で、さほどお金になるわけでもないのに、
生命を相手にする「農業」という世界で
しぶとく生き残り続ける連中には見どころありますよ。
何せ、一番古い「産業」でもある訳だしね。

イノベーションは、きっと、ここから始まる。

「学びの方法論を学ぶ」ということが
今後、ひとつの時代のトレンドになればいいなぁ。

 

第1回 農道場 「どーしても知りたかったコト・解決したかったコト」

トランプ政権の閣僚人事

miyearnzzlabo.com

米国はすごいことになってきましたね。
民主主義は解体されていくのだろうか?

記事にはアラバマ州セルマ出身の
司法長官のことも書いてありました。
僕は高校のとき、セルマ高校に1年間通ったのです。
1989-90年、「血の日曜日」から25年後の年でした。

 

www.nytimes.com


白と黒が睨み合い、軋み合うなかで、
唯一人黄色い肌をした、18歳の僕は
一体何を感じ、考えていたのだろう?
若く、無知でいられる時代は、もう終わった。

今、自分に与えられた役割は何か。
心を鎮めてよく考えてみます。

 

44

お蔭さまで生き永らえて、昨日、

44歳の誕生日を迎えることができました。

 

何とはなしに、ですが、

ここが自分にとって大きな節目、

【極点】となった感覚があります。

 

昨年末から春にかけて【変曲点】がありました。

自分の人生的にド派手な出来事が続いて

そのときはそれが「底」だと思ったものでしたが、

実際にはその後もゆるやかに沈降し続け、

学ぶべきことを学ぶ時が与えられたと思います。

 

人生も、事業も、模索に模索を重ね、

この世界をどう捉えるのか、

どう生き、どう死ぬのか、

確かなものを求める足掻きを繰り返しました。

 

万物の生成と消滅を繰り返す、

無常な時空の中に現れた

「自分という現象」を観察しながら

己を包むより大きな系との相関を補足しながら、

「そいつ」をどう制御していくのか、

<いのち>の研究開発~エンジニアリングは

きっと果てしなく続くのでしょう。

 

でも、どうやらきっと、

これでいいのかな~、というところまで、

やって来たように思います。

 

ここがゼロ地点?

今は不思議ととても静かな気持ちです。

 

あとは、いつもニコッと笑って、

淡々と己のことを為していけたらいいなぁ。

 

昨日は、別段、劇的なことがあった訳でもないですが、

映画館に「この世界の片隅に」を観に行きました。

 

戦争という形で一気に噴出された構造的暴力。

磁場に吸い寄せられて右へ倣えして、

己も磁場をつくりだしていく、この現象を

他人事、他所事として頭で処理して物語化し、

上から俯瞰するように眺めた気持ちになってる、

そんなおっさん、おばさん目線は好きじゃないなぁ。

 

巧妙に、自分の罪を棚に上げるため、

馬鹿だから、トロイから、職務上、とか、

都合よく幾多の言い訳を垂れ流しつつ、

あるべき論、正義を振りかざしてくる人たち、

さっさと滅びないもんかなぁ。

 

でもね、残念ながら、

滅びることはないのです。

答えはいつまでも出ないのさ。

僕らはいつも「現象」していく。

陰と陽は常にせめぎ合う。

生と死はいつも背中合わせ。

 

だから、生きよう。

僕は生きる。

 

・・・・・・

誕生日のお祝いのメッセージを頂いた皆様、

皆様の存在に本当に感謝しています。

.

おひとりおひとりにお返事を

したいと思ってはいるのですが、

「余裕があれば」ということで。

どうぞご容赦くださいませ。

 

こいつ何も反応しないわ~、って、

心を乱されることのないよう。

これっぽっちも悪意はないので。

 

今日からまた、ともに歩いていきましょう。

 

何となく頭に浮かんだ、

「千と千尋の神隠し」の主題歌の

歌詞をコピペして結びに替えさせてください。

-------------------

「いつも何度でも」

歌:木村弓、作詞:覚和歌子

 

呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも心踊る 夢を見たい

悲しみは 数えきれないけれど
その向こうできっと あなたに会える

繰り返すあやまちの そのたびひとは
ただ青い空の 青さを知る
果てしなく 道は続いて見えるけれど
この両手は 光を抱ける

さよならのときの 静かな胸
ゼロになるからだが 耳をすませる

生きている不思議 死んでいく不思議
花も風も街も みんなおなじ

ラララララララララ・・・・・・・・・
ホホホホルルルル・・・・・・・・

呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも何度でも 夢を描こう

悲しみの数を 言い尽くすより
同じくちびるで そっとうたおう

閉じていく思い出の そのなかにいつも
忘れたくない ささやきを聞く
こなごなに砕かれた 鏡の上にも
新しい景色が 映される

はじまりの朝の 静かな窓
ゼロになるからだ 充たされてゆけ

海の彼方には もう探さない
輝くものは いつもここに
わたしのなかに 見つけられたから

えんとつ町のプペル

他の誰も見ていなくてもいい。
黒い煙のその先に、お前が光を見たのなら、
行動しろ。思いしれ。そして、常識に屈するな。
お前がその目で見たものが真実だ。
あの日、あの時、あの光を見た自分を信じろ。
信じぬくんだ。たとえ一人になっても。


★『えんとつ町のプペル』未収録原稿より

lineblog.me

 

spotlight-media.jp

グローバルリスク

足元のリスクをグローバルに捉えること。
「日本はどうなる?」という視点は
もはやあまり意味を持ちえないのかもしれない。
グローバルな課題とどう向き合っていくか、だ。

ローカルな世界だけで生き続ける種族と
グローバルに生きる種族のあいだには、
植物と動物と同じくらいの違いがあると思う。
べつにどっちが正しいとかじゃない。
生き物として違うんだって。

農業という<いのち>の相互依存様式のように、
動物が植物を飼いならすのか、
植物が動物に世話をさせるのか、
観念の枠組みなんてどっちだっていい、
良い共生のかたちが見つかればいいじゃない。

淡々と。

僕は僕に与えられた生命を全うするまで。

synodos.jp

キャップエコノミーの時代

これからの時代のビジネストレンド
(というか人類の動き!?)を
捉えるための手がかりっぽい感じ。
伊賀さん、いいっすね~。
そういえば、ちきXX・・・ぐはっ・・・
-----------以下引用-------------
今まで重要だった企業会計とか財務分析って、
Amazon みたいな企業が出てきたことによって
意味のない虚構になろうとしてますよね。
今年の利益の出し方をトコトン解明する損益計算書とか、
固定資産を詳細に分けてリストアップする貸借対照表など、
新しい世界においてどれだけの意味があるのか。
重要な分析要素はまったく別のところにあるんじゃないかと。
-------------------------------------
(メモ)
何かもう、帳簿つけるのが
マジあほらしくてめんどくせ~、
とか思っている自分に
絶好の言い訳を与えてしまいそうで怖い。。。
要注意。

www.dhbr.net

GとLの経済成長戦略

昨日の長浜行き~京都での通院、
移動の最中に、富山和彦氏の本を読みながら、
つらつらと色々考えてました。
.
途中いろいろと頭を悩ませるGとLの荒波、
インド系ネパール人のまくし立ててくる電話やら
頭の冴え渡る80過ぎのベテラン百姓の突然の襲撃やら
インターンで滞在中のNEW YORK出身の若い娘の人生相談やら
何とか無事かわしきって(なんじゃこのカオスw。)
さきほど無事読了。
うん、なかなかなよい時間だった~(^-^)
.
つづめて言えば・・・
製造業やIT業界のように、モノや情報といった
持ち運び可能なアイテムを扱う
グローバル(G)経済と、
飲食や医療や福祉、教育といった
「その場」にいないと体験できない
コトやサービスを扱う ローカル(L)経済とを
全く別の枠組として考えなあかんのちゃう?
っていうお話しでした。
.
とくにローカルについては
人口動態変化(=年寄ばかりになること)
の意味がまだまだちゃんと理解されてないから
そこんとこヨロシク、ってことを強調されていました。
.
藻谷さんの「里山資本主義」の指摘をくみ上げながら、
これから時代は”G”から”L”に変わるんだ!!!
という暑苦しい陶酔感はさらっと軽くいなし、
いや、豊かになるにはどっちも必要だから、
と淡々と説いていく姿勢に好感を持ちました。
.
全体に「至極ごもっとも」という感じ。
思考を整理するうえで、
大変よい刺激をいただきました。
.
オリンピックで金メダルとらなあかんやつと、
ともかくも朝昼晩、皆の暮らしを守るやつと、
そりゃ、組織の経営者やスタッフに求められる
マインドもスキルもがらっと変わるわけで。
.
農~食の産業においてはどうだろう?
生産技術や品質を生み出していく
「仕組」やノウハウづくりについては
普遍的(グローバル)な要素が効いてくる。
でも、生産や流通の日常のオペレーションは
どこまでも地域密着性を伴っていく。
.
ちなみに、今の僕がやってることについては、
当初 ”G” の世界から離れて ”L” に集中しようと
スタートしたはずだったけど、
自らの属性から”G”を指向するようになり、
ひとりの経営者がG とL 両方を見ているから
周囲(現場)の人たちが混乱してしまい、
色々大変なことになった、という理解。
.
あの、そのあたり近々しっかり整理します。
世界に打って出る部分(仕組づくり)と、
地域インフラを担う部分(生産・流通)とを
どういう経営スタイルで両立させるか、
これからのビジョンがだいぶ固まってきた。
.
よっしょ、やるよ~。

www.php.co.jp