日々の雑感

忍びの里、伊賀の地より。オーガニックとは? 「本物」はどこに?

ガイア

地球(ガイア)と共に生きる。 人はどこまでも自然と一体。 . 調子に乗って支配しているつもりでも それは中二病のような迷いに過ぎない。 皆で渡れば恐くない、ハーメルンの笛の音。 己の弱さに気がついて姿勢を正す。 . 色即是空 空即是色 場から生じ 場に還…

デキないヤツを援けていると共倒れする

blogos.com 堀江さんの姿勢って同意する部分は多い。 冷静にロジックで考えていたらそうなるからね~。 でもそういう風にすっぱり割り切れないのが きっと僕という人間の在り方なんだと思う。 . 「オーガニック」の本質的な意味は 自然界の虫や草、土の中の…

「仕事が苦しいのは、自分が無能だから」と思うな

business.nikkeibp.co.jp 女装の東大教授、安富さん。 この人の話はとても分かりやすい。 . 落ちこぼれた人にしか分からない話? でもスケールフリー則を踏まえれば 社会の圧倒的多数は「落ちこぼれ」ではないか? . 減点法によって植え付けられた罪悪感を自…

【京大変人講座】 カオスの闇の八百万の神 ~受講メモ~

酒井 敏 (Satoshi Sakai)先生の話は なかなかに刺激的でした。 越前屋俵太さんの軽妙な誘導も段々と小慣れてきた感じ。 よいきっかけを与えてもらったのでどんな話だったかざっくり整理。(図は適当にネットからパクったもの。) . ◎カオスとは?(パイこね…

奥伊勢

昨日は用事にて奥伊勢へ。 宮川に沿って大台~度会方面をぐるり。 気付きや発見の多い小旅行になりました。 . 帰り道は伊勢本街道を辿って櫃坂峠越え。 かつて此地を旅した人びとに想いを馳せました。 . <いのち>は混沌と秩序の狭間に顕現する。 . 荒ぶる…

アフリカ

magoso.jp 昨日はアフリカを感じてきました。 . ケニヤ・ナイロビのキベラスラムで 孤児らに夢と希望を与え続ける学校を 支えているメンバーらのトーク&ライブ。 生と死が身近に転がってるシュールな世界で 明るさを失わず前を向いて歩き続ける 「生きる力…

生産者に有利な流通構造とは?

少し前にネット上では経産省の若手グループによるプレゼンが話題になっていましたが農水省の官僚の人たちも頑張ってます。よい資料があったので農業者の皆さん向けにシェアします。 日本の農産物流通全体がどこへ行こうとしているか、僕らがどんなイノベーシ…

経済は選べるものに

www.sensors.jp おぉ、これはいい! ★最終的に経済は選べるものになっていく ◎遠くの誰かのモノを買ったり、サービスを受けることができるようになったので1人が100万円を払うのではなく、100万人が1円を払うようなビジネスが生まれてきてもいい… ◎今の基本…

テロリズムは自己生成されている

www.fsight.jp テロリズムは誰かが組織しているわけではない。 「憎しみの思想」によって【自己生成】されるのだ。 具体的な「悪の組織」の存在など幻想にすぎず、 ただ憎しみ(悲しみと恨み)の連鎖だけが存在する。 . メイ首相の言葉は明確にそれを伝えた…

感受性

美しいもの、優れたものを見たとき 素直に良いと言えるかどうか。 苦しんでいる人を見たときに 手を差し伸べられるかどうか。 . 心を動かされないよう、見て見ぬふりして 自分のなかで言い訳を繰り返すうちに 壁が一段、一段と積み重ねられる。 美しいものや…

心の壁

tsubolog.com 人を連帯させ前に動かしていくのが「ヴィジョン」なら 人と人とを争わせ分裂させるのは「心の壁」・・・ . 「”誰もが人生の中で”目的感を持てる世界を創り出す」 ザッカーバーグが語ったヴィジョンはとても魅力的で、 それに呼応して、日常の仕…

ムーブ型かステイ型か

mirai.doda.jp 物事を相対する二極に分けて分析する手法は 思考を整理する上でとても役に立つ。 矛盾しあうものが相対するとき推進力が生まれる。 正(テーゼ)と反(アンチテーゼ)とが ぶつかり合い融合しあう様を見つめることで より高次の視界が開けるこ…

誰もが目的感を持てる世界

blogos.com Face Book 創業者マーク・ザッカーバーグ氏の ハーバードでのスピーチ日本語訳です。 倉本圭造さんの仕事、批評も含めて素晴らしい。 ---以下引用------ 今日、僕は「目的」について話します。 しかし「あなたの人生の目的を見つけなさい的な よ…

枯れ木に花を咲かせましょう

嘘と執着の支配する時もそろそろ終盤 正直と悟りの時代が近づいてきたみたい。 そういうポテンシャルを誰しも持ってるから。 皆で豊かになっていければいいなぁ いつも希望を持ち続けていよう。 .------. いつだって誰もが皆、 自分の人生を必死に生きてる。…

伊雑宮~佐美長神社

昨日は伊勢での打ち合わせの後に 伊雑宮~佐美長神社に参詣してきました . 今の自分に与えられた役割を 過たず受けとめてゆけるよう 心を鎮め、頭を垂れてきました . 諸行無常、忘るることなく あらゆるものを手放すことを恐れず されど心は常に此処に在るよ…

安全安心の果てにある世界は?

webweb.jp インターネットで入手する情報なしでは 日々を過ごすことができない時代。 お役立ちHowToを教えてくれるものから 深い気づきへの促しを与えてくれるものまで 僕らは絶えず膨大な情報フローのただ中にある。 . とはいえインターネットに流れる情報…

経産省若手有志プロジェクトをめぐって

ここのところ巷で話題になっている経産省の若手有志によるプロジェクト。 http://www.meti.go.jp/commi…/summary/eic0009/…/020_02_00.pdf これを見た方からいろんな意見が出ていて、ふむふむ、と思わされることが多いです。 国家という仕組そのものを見つめ…

愛と執着

ibaya.hatenablog.com 「悟り」が当たり前になる時代、万歳。 ---以下引用--------- 愛と呼ばれているものは 「自分を使ってそのひとの幸せを願うもの」 ならば、執着とは 「そのひとを使って自分の幸せを願うもの 【要するに自己愛】」 --- 「ひとに自由を…

御殿場海岸~津八幡宮

昨日は津での会議の後ふらっと海へ。 深い緑に誘われて立ち寄ってみると 三つの小さな鳥居が重なり合い 静かに神域を護っていた。 心安からむことを。

経済システムの作り方

持続的に発展する経済システムの作り方を考えてみる | 佐藤航陽のブログ+ www.facebook.com ----------- 経済とは何か。 どんな経済をデザインするか。 いやはや、スケールが違う。

問題にフォーカスする

codeiq.jp まさにこれ。 すごく分かりやすかったです。 ふわふわといい人を演じるのをやめて 目の前のイシューを個別撃破すべし。

地域活性化ハンドサイン

blog.revitalization.jp 自らの頭で考え、自らの足で歩む。 その風土をいかに築いていくか。 それが経営の基本なのだと思います。 抜け道は、ない。 ごまかさない。 ただコツコツと、やるべきことを、やるべし。 共に生き、共に栄えていくために それぞれ「…

京大変人講座 続

昨日は久しぶりに母校のキャンパスに足を踏み入れて「変人講座」を受講してきました(^^) この講座は総合人間学部の酒井 敏先生の発案。大学が独立行政法人となって自前の「稼ぎ」を求められるなか、近視眼的で無難な研究に落ち着くケースも増えています。でも、…

京大変人講座

kyodai.360-degrees.jp 「多様性」とかいう言葉も誤解されている。多様性は「みんな色々でいいですね、楽しいですね!」ではない。大嫌いな奴。絶対合わない、目も合わせたくない、そういう奴も含めての多様性だ。カエルにとってのヘビや人間にとってのゴキ…

家族は音楽

ibaya.hatenablog.com これいいなぁ⇒【家族は音楽のように変化をする】 いままで、家族と言えば(音楽で言えばアルバムのように)ひとつの固定的なまとまりとして語られることが多かった。しかし、これからは『個』が強く浮き出る【これまでにあった境界線の…

動的平衡を考える(その1)~国家と生態系

朝鮮半島を巡る緊張を眺めながら感じたのは 我が身の危険的なものでは全然なくて、 これからの世界はどうなっていくのか、 僕らはこの現代社会をどう生きていくのかを 「立体的に」捉えることの重要性でした。 国家間のやりとりは自分達に関係ないどころか …

春ですね。

伊賀の桜もそろそろ見納め。 しばらく続いた長雨が去って 昨日はひさしぶりに良い天気。 きゅうりの植え付け準備のため、畑に出て 昨秋から置きっぱなしになっていた いんげんのアーチの片づけをしました。 3月中ごろに久々に深刻な喘息発作~増悪で ひやり…

【オーガニック】はどこへ行く?

www.yomiuri.co.jp 日本最大の野菜農家。 . 「有機農業」とか「循環」とかを考える者は イオンさんの動きから目を離せないですねぇ。 . 少し前に県内のイオンのお店を覗いたら オーガニックコーナーがすっかり充実していて 自社のJAS有機野菜がズラッと並ん…

311

6年。 僕らは何を学び、何を為したか。 <いのち> <つながり> 己に出来ることは本当に限られているけれど 僕は僕という存在を真っすぐに受け止めて 来る日、来る日を全力で生き続けたい。 色即是空 空即是色 一筋のひもが結ばれ、解かれるように、 ひとつ…

生産性 雑感

「生産性」という言葉を聞くと冷たく、殺伐とした印象を抱くひとがいる。それはこの言葉のイメージが、その人のなかで「評価」と結び付いているからだと思う。 勉強や仕事ができる、できない、その格付けから自分の未来が大きく影響を受けると感じていれば、「評…