読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の雑感

忍びの里、伊賀の地より。オーガニックとは? 「本物」はどこに?

不安を切り裂く ~ 正直に生きるしかない、やっぱり

ibaya.hatenablog.com


うむ。
やっぱこの人にはいつもナイフを突きつけられる感じだ。
やみつきやな。


今日はもうしんどいし、
書くの止めようかと思ったけど、
ふんばっとこ。

******************************

今日は朝から絶不調。
台風が接近して気圧が下がったせいか、
身体がえらすぎて何もやる気がしない。
どうしようもなく鬱。

昨日も講義とかちょっと頑張りすぎたかもしれない。
農業を志して新たに飛び込んできた人たちに
これからの農業ってどうなるの?について
僕なりに「リアリティ」を伝え、戦うための武器を配る。
まだまだナイーブな夢を描いている人たちには
ちょっと刺激が強かった?

帰りは寄り道。
9年前、研修中に子供が生まれることになって、
農業やめようかどうしようか迷っていたことがある。
相談にお邪魔した農業生産法人があったのだが、
最近知り合った別の会社の人がその現場・事務所を引きついでいた。
彼とスタッフと今後の展開へ向けた作戦会議。
ここもちょっと息を入れすぎたか。

 

(ちなみに全然関係ないが、9年前、
2006年ったらこんなことしてたぞよ。自然農@赤目)
f:id:Kunihiko_Murayama:20150512214018j:plain

(遊び/手伝いに来たひとびとw)

f:id:Kunihiko_Murayama:20150512214038j:plain


****************************

(今朝に戻る)

それにしても、あーしんど、こりゃもう無理。
急遽、亀山の病院で診てもらうことに。
名阪国道で携帯で電話で話してたら
はい寄せて~、切符切られた。
巡り合わせが悪い時はネチネチいじめられるw。
やっとこさ病院に辿り着いて
点滴~採血~心電図~レントゲン。
なんか「逆流性食道炎」ってのを
喘息と併せて発症しているみたい。

ずっと続いてきたこの訳のわからんシンドさに
多少なりと原因の目星をつけてくれるだけで
かなりほっとする。説明がシャープでよい先生だ。
仏に見える。

この病気、最近目立ってきた典型的な現代病で
有機農業とかやってきたくせに
忙しすぎて車のなかでコンビニ飯とか、
長らくろくなもん食ってなかったせいだ、こりゃ。
いくら人に美味いもん食わしても、
自分が病気になってりゃ何やってるか分からん。


取り組むべき最優先・重要課題。
心身の回復を図りながら、
これからはライフワークとして
僕自身の「食」と暮らしをきっちり見直すこと。

手を抜くんじゃなくて、降りるんじゃなくて、
本音を貫いて、【スローライフ】を勝ち取りたい。

人間らしいまともな暮らしを皆がしていけるよう、
持続可能なシステムをつくることこそが僕らの仕事。
自分の仕事と暮らしがぴったり寄り添っていけること。
ふぅ、そりゃ難しいんだけど、まぁここまでやりかかって、
ヴィジョンと道筋は見えてるんだから。
こんなところでつまらぬことに足を取られてたまるか。
生きるぞ。

******************************


夜になって市役所の担当者から
遅れてる報告書はよ出して、
明日までだよ、の電話。

少し前まで世のため人のためと思って
4つ5つの補助金の作文やらお金の帳尻やら、
賢く立ち回ってペーパー書きしていたけど、
最近、もうホンマあかん。
身体が受け付けへんようになってきた。
気持悪くなっちゃう。
イップス」になったみたい。

目先の責任回避と体裁保持のためだけに
ちまちまと事細かくチェックする仕事を
ひたすら増やしていく連中のために
雑用を延々と押し付けられるのは
命の無駄遣いだなぁ、と思うんだよな、やっぱり。

今期のを始末つけたら、
できるだけもっと透明な、
ちゃんとしたビジネスしたい。
堅気に帰りたい。

補助金じゃぶじゃぶの
農業業界にたかるゾンビたち。
うまく使いこなせると思ったけど、そろそろ無理。
ミイラ取りがミイラになっちゃう。
そんなことより、
まじで生きないと。

******************************


なんてことを思ってたら
あっちとこっちとから助け舟。

今、経営者として(というか人間っぷりで?)
一番尊敬している方のひとりから
お前大丈夫か、って電話をもらう。
いや、大丈夫じゃないっす。
近くまた京都行きますよって、
色々深いとこで相談乗ってくださいな、って。

ほんでもって夏のオーガニックフェスタの仕掛けの件。
コアを担ってくれる同志のひとりが助け舟。
イップスになってる状況を見かねて
バックアップをしてもらう。

いやはや。
仲間はありがたい。

一昨日も僕のメンターでもあるへんこの役員二人が
ふらっとやってきて、
経営とか、人集めとか、人生とか、
ひとしきり暖かなアドバイスをくれた。

すまそん。
あちこち心配かけて。

そういえば、取引先の若い子が、
僕がもうマジ死ぬかもしれんくらいに思ったか、
怖々、夏のイベントどうしますか~、って電話してきて。
まぁ死ぬときゃ、死ぬときやないか。

畑で本気でぶつかって遊んで、
子供を本気にさせるイベント企画するんだったら、
内容はおのずから決まってくるはずやろ。
こっちに都合に合わさんでいいのに。
心根はすごくよい連中なんだから
もっと芯太くなればいいのに、ってねw。

******************************

書くとつい書いちゃうもんだな。
もう寝なきゃ。

まとめ。

立場が立場なので、なんていったら負け。
若くて生きのいいのが、
切った張ったをやってるんだから
俺らは俺らでオッサンの貫録見せなあかんわな。

経営者やら、事務局担当やら、
人を抱えてなかなか弱音も吐けねぇ、
責任ある立場をわきまえるだとか、

体壊してるなんて言い出すと、
銀行も事業資金貸してくれなくなるかなぁ、とか、

ネガティブな話題を書くと引かれる、
いつも笑って楽しい話題を提供しなきゃ、
皆に好かれないなとか、

有機農産物つくってるんだったら、
ロハスっぽい生活してなきゃとか、

きちんとしてないと駄目、
整理整頓出来てないとだめとか、

そーんなこといってても
ブレイクスルーできっこない。

いや、やりますよ、
ちゃんと帳簿つけたり、作文したり。
うん。余力出てきたらw。

でも僕がやるのは
「心ある」仕事だけ。
そうしようと思う。

そこのところは、矜持として、
崩しちゃいけないんだ。
そうでないと、心と体が潰れる。

ってことで、こんな身なので、今はただ、
自分が育ててきた直観に賭け、
「心ある」ものだけに
おつきあいさせていただくことにします。

あしからず。


******************************

なんて書いていたら、
昔読んだこんなの思いだした。
子供の心、純粋さを
現実のなかで貫くと、
どんな残酷なことが起こるか、という話。

.hatena.ne.jp



あとはこれね。
正月に友人がポストしてた黒いやつ。

中島敦 狐憑


恐くないか、っていわれりゃ、
そりゃ恐い。
でもその不安を切り裂いて飛ぶしかない。
純度を高めよう。
自分のなかにあるものを正直に、磨き抜いて。