読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の雑感

忍びの里、伊賀の地より。オーガニックとは? 「本物」はどこに?

楽しいことをやればよい、ということ、その周辺にあること。

人間を動かすのは「正しさ」よりも「楽しさ」だと思う。ああしなさいとかこうしなさいとか、そういうものはもう本当にどうでもいいのだと思う。大事なのは「ああしたくなる」とか「こうしたくなる」ような、(他人から強制されるんじゃなくて)自分から動き出したくなるような空気感で、そうじゃないと、自分の行動を他人の責任にしてしまう。

 

多分、自分を楽しませることが出来ていないときに、人間は「努力をしなければいけない」というガチガチの固苦しい状態に陥ってしまう。そして、最悪の場合は努力が出来ていない自分を責めたり、努力が出来ていない他人を責めたくなるような非常に心の狭い状態にもなったりするのだろう。
 
しかし、私のゴールは『爽快感を味わうこと(単純に気持ち良くなること)』である。そのための悶絶であり、悶絶のための悶絶ではない。人生とは、自分を楽しませることである。自分を楽しませることが出来ていないときに、「努力が足りない」などという言葉を(自分や他人に)放ち始めるのだろう。

 

人を動かすのは「正しさ」よりも「楽しさ」であり、人生は苦しむためにあるのではなく、楽しむためにあるということ。自分が熱中できるものが見つかれば、誰に強制されなくとも「勝手に努力をしてしまう(ように見える)」のが人間であり、厳罰的な北風よりも寛容的な太陽でありたいと思いました。

 

ibaya.hatenablog.com

 

 

 

坂爪氏、変わらず切れ味鋭い。

 

世界の揺動にシンクロして言葉を放つ。

軽やかにリズミカルに強く踏み込んで

ブランコはどこまでも高く舞う。

 

***

 

この週末、旅路のあいだ中ずっと

向き合い続けていたテーマ。

 

自分自身の幸せを一心に追うこと。

これはどんなときにも外しちゃいけない必須の前提だ。

そしてそれは凡ての人に適用される。

 

幸せを追うひとり、ひとりの人が集まったとき

それぞれがその自立性を保って

自らやりたいことを徹底的に追い求めながらも

それが全体が幸せになるための戦略貫徹につながるような

「場」を創生するテクノロジーが存在するということ。

その手掛かりを与えてくれる、心強い先達の存在。

 

Break Through は見えてきた。

ここは導きの糸に身を委ねるのみ。

 

***

 

僕は仕事が好き。

だから一生懸命仕事をする。

僕はこの世界が好き。

だから一生懸命この世界のために尽くす。

 

つくる。つくる。つくる。

そしてそのためにも

学ぶ。学ぶ。学ぶ。

世界は豊かだ。人間ってすごい。

 

僕はこういうリズムで生きるように

つくられているのだと思う。

病気と言えば一種の病気に違いないけど

それはあくまで自分がやりたくてやっていること。

堅忍不抜で我慢、我慢、ってなったらアカン。

  

それにしても、

「やりたい」ことをやる、っていうけど、

「自分」という意識の成立過程を思えば、

それが個の発露なのか、種や共同体の発露なのか、

そんなことはわかったものじゃないなぁ。

  

努力を重ねること。

伝統を守り続けること。

それは幾世代にも渡って折りたたまれた

情念を受け渡していくということ。

 

それは生きる縁(よすが)となり、

また自らを食いつくす怨念ともなり、

あちこちをくねりくねりながら

こころの深い深いところを流れていく。

 

ごっくん飲み込んだそんな情念の化物に

はらわたを食いちぎられながら

格闘し、もがき続ける日々。

ぺっと吐き出したものか、それとも

消化しきれるまで堪え続けるのか?

それは一体何のため?

 

人生折り返し地点を越えたみたいで、

ここ最近は「変わること」への

強烈な促しの風を受けているのだけれど、

結局のところ、「解」といえるようなものは

出ないままなのかもしれない。

今できることはただ、素に還り

自分をちゃんと受け止めることだけ。

 

果てしもなく延々とつづく「道」があるのみ。

あとはその上をただ歩き続けるだけなんだ、きっと。

 

これは30歳のころの僕には

何となく頭で描きながらも、腑に落ちる、

ってところまではいかなかった感覚だと思う。

 

生きるステージ、ステージを経るにつれ

生への理解と愛着は深まっていく。

生きて、生きて、年を重ねることは素敵だ。

噛んで噛んで、ドロドロになるまで噛んで、

じゅうっと出てくるエキス、あるんやなぁ、これが。

 

自分がドロドロになって無くなってしまうまで

えい、坩堝(るつぼ)のなかに放り込んでしまえ。

 

好きなことを、好きな人と、好きなようにする

それでいいぢゃあないか。

 

***

 

週末は京都から淡路そして高松へ。

 

よきひとびととの出会いと語らい。

つながるべきものがつながっていき、

ようやく次のステップの全容がみえてきた気がする。

 

守るべきものをしっかりと見定めたうえで、

鮮やかに【勝ち切れる戦略】を練るべし。

あとはただ、やるのみ。

 

とりあえず、うどんたらふく食べて来ましたよ~。

 

マスコット人形は滅茶苦茶よくできてました。はい。

そのあたり詳しくはまたいずれ…。

 

f:id:Kunihiko_Murayama:20150629063310j:plain