読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の雑感

忍びの里、伊賀の地より。オーガニックとは? 「本物」はどこに?

お伊勢詣り

昨日は伊勢神宮にお詣りに。

 

 古の習わしどおり、

外宮(衣食住を司る豊受大神)から

内宮(主神・天照大神)へ。

神恩感謝のご祈祷の後、

夕暮れまでに月読宮にも入ることができた。

 

神域に在るときは、ほんのひととき、

日常の流れがすーっと停止して

己の心を大きな自然の鏡に映すような

そんな感覚を持てるのが好きだ。

 

木立ちの間を速歩で駆け抜けるうちに

節目を迎えたこの一年余の間に

通り過ぎていった幾多の出来事が

ふつふつと湧き上がっては去っていく。

 

「修羅場」っていうか、事態の真最中には

それこそ天地がひっくり返ったように

感じていたいくつかの出来事さえ、

今では心の中に静かに澱を為して眠っている。

 

杜を歩むうちに漂いゆく物思いは

当時は烈火のように燃え盛った感情も、

遠くの風景のように眺めることを助けてくれる。

太古の昔より、幾多の魂が心を鎮めてきた場所には、

そんな力が宿っているような気がする。

 

今は、こうして無事にいのちを永らえ、

幾多のいのちと心を通わすことができる、

そのことに、ただ、ただ、感謝。

 

--

 

年も暮れかかったこの時期

ふと思い立って神社を巡るなかで

改めて気づかされたことは

「対」のもつ重要な意味。

 

正しさを貫く魂と、荒ぶる魂。

神はいつも、対を為して在る。

 

光と闇。

意識と無意識。

言葉と感情。

男と女。

秩序とカオス。

 

あっちの極からこっちの極へ。

 

世界はもつれあう対を形成し、

生成と消滅を繰り返しながら、

静かに物語を織り成していく。

 

f:id:Kunihiko_Murayama:20161230183543j:plain

f:id:Kunihiko_Murayama:20161230183601j:plain

f:id:Kunihiko_Murayama:20161230183607j:plain

f:id:Kunihiko_Murayama:20161230183617j:plain

f:id:Kunihiko_Murayama:20161230183658j:plain

f:id:Kunihiko_Murayama:20161230183706j:plain

f:id:Kunihiko_Murayama:20161230183724j:plain

f:id:Kunihiko_Murayama:20161230183734j:plain