読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の雑感

忍びの里、伊賀の地より。オーガニックとは? 「本物」はどこに?

本駒込の富士山

 

www.1101.com

 

 

ふと思い立って、久しぶりに吉本隆明に触れたい、
と思ってググっていたら「ほぼ日」にこんなのがあった。
糸井重里さんさすが、GJ)

...

肉声ってのはやっぱり凄いなぁ。力がある。
改めてこの人が語ってきたことの価値を認識。

イスラムがどうとか、政治とか、日本の景気がどうとか、
そういう遠くて余計なことなんか考えない、
明日ちゃんとお金が入ってくるか、とか、
うちの息子がどうもやんちゃくれでいかん、とか、
そんな明日のことだけしか考えない、
それが実は一番価値ある生き方だということ。
(理想形としての「百姓」)

キリストのいう「明日のことを思い煩うな」
ってのを完全にひっくりかえしちゃう。
明日のことだけを思い煩うことこそが「価値」。

僕らはあくまで日々の生活に根を張る。

そのことを十分に分かったうえで、
ついつい余計な観念的なことを考えちゃって
素直に生きられない「駄目な」自分であることを
目をそらすことなく、自覚し認識し続けるのは大事。
その「根っこ」を断ち切ることなく、
フラットな地平から皆に語り続けていく先に
はじめて「共同性」が成立し得る。

********

10年前、僕が農業をはじめたとき、
大きな物語を捨てて、自然のなかで
「日々の暮らし」に生きようと思った。
鎧を脱ぎ捨てていくプロセスは
間違いなく自分を救ってくれた。

だが、スタッフを雇い入れ、家族が増え、
社会的に諸々のことに巻き込まれるなかで、
現場・畑から離れることが増えていく。

空中浮遊。

現代を生きる人たちから見れば、
社会的なポジションを浮上していくことは
望ましいことに見えるかもしれない。
僕の両親だってきっとそれを喜んでるし、
ようやく安心できそうだ、とほっとしているだろう。

だけど、僕自身にとってはそれが苦痛そのものでもあった。
数年スパンで生活を見通した時、この暮らしは維持できない。
でも、自分だけ勝ちに行く、というスタイルでは
結局はBreakTroughできない気がしていた。

時間はかかるかもしれないけれど、
少しずつ社会構造そのものを動かしていかないと
地域や百姓という存在が「じり貧」になっていくように感じたし、
だからこそ自ら浮上せざるを得なかった、ということ。

放射性がれきの伊賀持ち込み問題も背を押した。
西日本最大級の最終処分場がここにあるということ。
都市のごみを処理することを生業にする地域の悲哀。
正義感に酔えるようなつまらない話じゃない。
暮らしを守らなきゃいけないってこと。

仲間や家族の生活(=幸せ)を守り育てたいと思ったから
僕はこうせざるを得ないと決めた。
一旦放り投げておきながら、また必死にしがみつく、
二重にねじれたこの感覚は、なかなか分かってもらえないし、
それが僕を苦しめてきたけれど、この半年ちょっとの間で、
やっと自分なりに事態が呑みこめてきたと思う。
足掻いて足掻いているうちに状況も少しずつ動いてきた。

幸せになりたいだけなんだよねぇ。
心から。

そして、そのためにも、
「皆に」幸せになってほしい。

********

1970年に語られたこの吉本隆明の言葉によって
僕は本当に救われた想いがした。

自分に与えられた道を歩き尽くすこと。

明日のために。