読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の雑感

忍びの里、伊賀の地より。オーガニックとは? 「本物」はどこに?

ピケティとシブサワコウと北条早雲

トマ・ピケティの「21世紀の資本」を読み続けています。
やっと半分強くらいまで行ったところですが、
読みながらもツラツラと思うことが沢山あって、
その都度メモをとったりしています。

www.amazon.co.jp


現在のマクロ経済のトレンドを眺める限り、
今後も所得階層の固定化は進み、
エリートの独占する富の比率は
徐々に上がっていくであろうということ。

第一次・第二次世界大戦という
歴史的に見ても異例の混乱のなかで
支配階級の富が一斉に失われた結果として
相当に平等な社会が実現されていました。
しかし、現在、富の配分構造からみる限り、
徐々に19世紀頃の時代とも似てきています。

僕らが今、何らかの形で経済活動に関わる以上、
こうした問題に鈍感でいるわけにはいかないでしょう。
誰が儲かって誰が儲からないかということは、
税制や規制、業界慣習など、社会のなかのルールが
どうやって作られているかに強く支配されます。
それはもちろん「政治」によって決まります。

最初から何が正しいなんてことは特になくて、
誰が「力」を握るかで正義が決まっていきます。

「力」とは人を促して何かをさせる機構です。
それは軍事力のような文字通りの暴力装置のこともあれば、
もっと見えづらい、感覚的・無意識的な行動パターンを
巧妙に制御するテクノロジーの場合もあるでしょう。
「洗脳」って言うのが感覚的に一番分かりやすいでしょうか。

社会全体が何に依っても支配されないということは
現実にはありえません。それは<カオス>であり、
常人はそれに耐えられるようにはできていません。
通常は何らかの法律、社会規範、暗黙の了解などにより、
合意されたルールの下で社会は運行されていきます。

うまく回っている社会体制にあっては、
全体として「大体こんな感じ」という風に多数に認められる
パラダイム】と呼ばれるものがあります。
ざくっといえば「普通」とか「常識」といわれるもの。

***********************

 ただ分配が必ずしもうまくいかず(偏差が大きくなり)、
「普通」を認めない人たちが増えてくると、
社会は不安定化します。
歴史の中でそれは何度も繰り返されています。

革命、維新、改新、戦国時代、分立…
多くの場合、体制末期の混乱期には
血で血を洗う闘争の末に
新たな体制が打ち立てられていく。

そうした動きを駆動する根源にあるものが
まず間違いないと言っていいほど、
「富」に関するひとびとの感情や想いです。

ピケティを読みすすめる限り、
今後、社会の中でこういう意味での
鬱積が溜まっていく可能性は限りなく高いです。
あとはそうした不満分子を宥め、納得させ、
あるいは諦めさせる「力」(手法や論理)が
どこまでの有効性を持つか、ということでしょう。

昨日は大阪都構想住民投票がありました。
色々なことが言われており、
政治的にも興味深い議論は多々ありますが、
やはり一番の焦点となっているのは、
既得権を持つ人間と持たぬ人間との争い、
ということなのかもしれません。

***********************

 ただ、実はここでとても大切なことがあります。
「富」そのものは継続して増していることです。
人間は全体としてはまだまだ豊かになっているし、
このトレンドは止まっていないのです。
そして、大事な認識は、新たな「富」を創造するためには
必ずやある程度の不均衡、富の集積が必要だということ。

お金から少し離れて考えて、例えば「知」。
「知」を持つ者はより高い確率で
よりよい「知」を見出していきます。
学びが呼び水となり、さらなる学びを得ていきます。

「ポジティブフィードバック」というやつです。
発散ともいう。

富は富を生む。だからこそ、
富めるものはますます富み、
貧しいものはますます貧しくなる。

フィードバックとは「自己回帰現象」です。
そして僕は、「力」というものは
そうした富を生み出すループの構造そのもの、
富の源泉なのではないか、という気がしています。

だからこそ「力」は人を惹きつける。

そうした意味で、今の時代、
本当の豊かさ「富」を生み出していく、
リアルな「力」はどこに収束していくのか、
僕の興味はそこにあります。

***********************

で、ちょっと息を抜いて終わるようですが、
ゲームの話。

僕が中学、高校のころに
ひたすらやっていたものといえば
ゲームと音楽と水泳。

ゲームのなかでは圧倒的に
歴史シュミレーションゲームをやっていました。
光栄というソフトウェア会社で
シブサワコウという人が産み出した
数々の名作とお付き合いしてきました。
代表作は「信長の野望」「三国志」。

 

f:id:Kunihiko_Murayama:20150518080048j:plain

 

mantan-web.jp

 
中学生のころは、それこそ血眼でやりました。
領地の生産力を上げ、商業を盛んにし、
兵糧と金を生み出す基礎体力をつけて
周囲の国家に攻め込み、制圧していく。

三国志になると武将という考え方が導入され、
良い人材を取らないと、局面を展開できなくなる。
そしてこんどはそいつらを育てていくようになる。


今思っても、非常に優れた経営シュミレーションです。
経営の基本お作法、エッセンスみたいなものを
僕はここで学んだんじゃないかな、と感じます。

農業生産で現実に収量を上げるため、
商売で利ザヤを取るため、
人材を招き入れるため、
どれだけの泥臭いリアルな時間があるか、
ということをもちろん当時は知りませんでしたがw。
ぐるっと回って、ふと気付けば恐ろしいくらい
そのままあてはめることができるかも。

というのは、今の時代、
「地方創生」とか言っているなかで
これからますます乱世に向かっていくと思われるので、
戦国時代の自治国家同士の経営~生き残り戦略というのは
多分に参考にできることがあるのではないかな、と。

ちなみにこうしたゲームをするなかで、
戦国時代や三国志、モンゴルのことなど
歴史のなかの群雄割拠の時代にロマンを覚え、
幾多の本を読み漁るようになりました。

そして見えてきたのは、歴史を制する者は
やはり優れた、魅力のある人間だということ。

 
「力」を得るためには
外からではなく、自らのこころを磨くこと。
最近はますますそんなことを感じつつあります。

ところで少し前まで二宮金次郎
自分のベンチマークにしてきたんですが、
最近意識しているのはこの人。

f:id:Kunihiko_Murayama:20150518080113p:plain

北条早雲さんです。

少し前にNHKの番組で取り上げてましたが、
かっこいいすね~。
ずぶっとささってるので、
もう少し情報収集をしなきゃ、
と思っています。

www4.nhk.or.jp



村山家は小田原の出自なのです。
まぁそのあたりの話はまたいずれ…。

ほとんど妄想領域の話ですがw。