日々の雑感

忍びの里、伊賀の地より。オーガニックとは? 「本物」はどこに?

ありとあらゆる場所の「ローカル」がつながれば、未来はつくれる

greenz.jp

 

うん、つなごう。

こころと意識の置きどころ

 

この2~3か月というもの

様々なことがありすぎて

その濃密さに圧倒されている間に

ずいぶん時間が経っていました。  

 

生まれ出ずるもの  

消えゆくもの  

 

【いのち】という現象の奥深さを前にして

自分の世界の捉え方、従うべき規範を

根っこのほうから洗い直されている感じです。  

 

「誰もが存在の居場所を必要としている」  

 

ひとりひとりの「居場所」を創り育てることが

最重要テーマとなっていることを感じます。

そのための知恵や技術を磨いていきたい。  

 

何らかの力によって支配するのではなく、

こころに寄り添うこと。  

 

自分の枠に当てはめて理解するのではなく

相手の世界を自分に貫入させること。  

 

時に分からないことを分からないまま

心の中に静かに受け入れながら

そうしてそれが熟成するのを待つこと。  

 

それはとても難しいことだけれども。  

 

---  

 

掌中に収まるものがあれば

掌から零れ落ちるものがある  

 

執着は人を救わない。  

 

受け容れられるときがあれば

弾き出されるときがある  

 

所属や盲従は人を救わない。  

 

不安によってドライブされるのは

もう金輪際止めたいなぁ。  

 

では何を灯として生きていくべきか?    

 

---  

 

< 自灯明 法灯明 >  

 

己のこころをそのままに受け容れ

暮らしのなかの起点とすること。  

 

真理(科学)と規範(哲学)に関する学びを深めて

己の内なる曼荼羅を豊かにし、それに従うこと。  

 

---  

 

「犀の角ように独り歩め」  

 

wisdommingle.com

 

世の中や周囲の思惑に流されず

他者を自分に従わせようとせず

世に絶望せず、己の力を奢らず  

 

共に生きる朋友のあることをただ悦ぶ。

 

---  

 

いのちという現象は 光と闇、陰と陽のあいだを

不断に行き来しながら、らせんのように描かれる。  

 

眼前の現象に囚われることなく

奥底に脈々と流れる河を見つめ

実相に触れていられるように。  

 

生まれ来るものにも、還り逝くものにも 。

全てのいのちに祝福があらんことを。  

 

---  

 

ただただ感謝とともに。

 

今日を生きる。    

 

 

f:id:Kunihiko_Murayama:20171008173316j:plain

ガイア

地球(ガイア)と共に生きる。

人はどこまでも自然と一体。

.

調子に乗って支配しているつもりでも

それは中二病のような迷いに過ぎない。

皆で渡れば恐くない、ハーメルンの笛の音。

己の弱さに気がついて姿勢を正す。

.

色即是空 空即是色

場から生じ 場に還る

.

いのちはリズム。

自立と共生の均衡。

.

オーガニックで行こう。

ひよらない。迷わない。

 

www.facebook.com

デキないヤツを援けていると共倒れする

blogos.com

堀江さんの姿勢って同意する部分は多い。

冷静にロジックで考えていたらそうなるからね~。

でもそういう風にすっぱり割り切れないのが

きっと僕という人間の在り方なんだと思う。

.

「オーガニック」の本質的な意味は

自然界の虫や草、土の中の微生物など、

弱き者も含めた多様な生命と共に

生きていく方法を探ること。

だから、僕らが生きるこの世界のなかに

どんな生態系や社会構造がつくられていくかを

ひたすら観察し続けながら、実践を続けている。

.

人と人、人と自然がつながる、

いのちを尊重し、こころを通わせる

それがオーガニックというスタイル(生き様)。

.

とはいえ、これってすごく難しいことだ。

こういう業界で10年ほど生きてきたけど、

大層なキレイごとばかり言いながら

スーッとフェイドアウトして

結局てめぇが可愛いだけやんけ、

というケースをどれだけ見てきたことか。

ホリエモンの言うことはもっともだ、

と言いたくなる気持ちはないではない。

.

ただ、僕はそこは宙に浮かせておきたいな。

「夢」を見続けながら、力不足で手が届かぬままに、

いろいろ迷惑をかけたり、痛い目も見てきたけど、

まぁ、馬鹿は死ななきゃ治らない、ということで。

しょっぱい「絶望」を前提とした世界なんて、

心から楽しめる気がしないので・・・。

.

諸々ありまして、しばらくの間

畑にどっぷりの生活になりそうな見込み。

漢方もよく効いて身体も良くなってきたようで

そろそろ鍛えていかないといけないかなぁ。

お天道様の下をバタバタと走り回るので、

ちょっと掴まりにくくなるかもしれません。

どうぞ生暖かく見守ってくださいませ~。

「仕事が苦しいのは、自分が無能だから」と思うな

business.nikkeibp.co.jp

 

女装の東大教授、安富さん。

この人の話はとても分かりやすい。

.

落ちこぼれた人にしか分からない話?

でもスケールフリー則を踏まえれば

社会の圧倒的多数は「落ちこぼれ」ではないか?

.

減点法によって植え付けられた罪悪感を自覚し、

そこから離脱できるといいのだけれど。

.

以下適宜抜粋
------------------------------------

◎働く男性が心の病に苦しむケースが増えている

◎見えない何かに取り囲まれている感じなんですよね。
 むしろ、それらを守ることに必死になっている
 ~ その根幹にあるものは、「罪悪感」

◎学校教育では、理解できないものを、
 理解できないまま、「こういうものなんだ」
 と思い込まされる。これが蓄積されていくと、
 「理解できない私が悪い」という罪悪感が育ってしまう

◎(落ちこぼれた人が学校で身につける能力は)
 「難しそうな話が分からなければ、
  それは自分が馬鹿だからだ、と思う能力」
 「訳が分からないけれども、答えてみせる能力」
 「大人しくじっと座り続ける能力」

◎会社に入る準備が完了
  自発的に隷従
  ~それを他人にも強制する「監視役」としても機能

◎罪悪感は、社会のシステムの根幹部分です。
 例えば、立場上、やらないといけない役があるとします。
 役を果たせば、立場が守られる。

◎日本人は立場を失うと、尊重されなくなります。
 立場を失えば、何をされても文句は言えない
 という状態になる。それが恐ろしくて、
 みんな立場を守り抜こうとするんです。

◎世界各国それぞれに、
 形の違う「罪悪感発生システム」がある
 中国ならばメンツ主義
 ~ ほかの国では、契約社会だったり、
   幸福で前向きなふり社会だったり

◎自分自身の中にある
 「罪悪感発生プログラム」と向き合い始める。
 ここが、息苦しさから抜ける第一歩

------------------------------------

最近、社会を底流から動かしている

「磁場」がどのように構造化されるのか、

物性物理学、自己組織化などの観点から

いろいろ捉えなおしてみています。

日本の社会は右へ倣えを固定化する

強磁性体」っぽい挙動が目立ちます。

個々のエネルギーを上げて温度を上昇させ

常磁性」を目指すべきかなぁ、と。

.

僕らの描く未来の社会、そしてそれを支えるべき

基礎インフラはどのようなものか?

人間の「関係」とはいったい何なのか?

家族や企業の在り方、人材育成、

流通ネットワーク構造などについて

おもちゃ箱をひっくり返した有様のなかで

自分の軸を確かめ続けています。

.

いのちを大切にする、こころある社会とは?

【京大変人講座】 カオスの闇の八百万の神 ~受講メモ~

酒井 敏 (Satoshi Sakai)先生の話は

なかなかに刺激的でした。

越前屋俵太さんの軽妙な誘導も
段々と小慣れてきた感じ。

よいきっかけを与えてもらったので
どんな話だったかざっくり整理。
(図は適当にネットからパクったもの。)

.

◎カオスとは?(パイこね変換の話)
 
 完全に計算できる機械的な処理でも
 何度も同じことを繰り返すうちに
 初期の微妙な誤差が広がって予測不能になる。

 気象の予測でも、蝶のはばたき一つが
 世界中の天気を変える要因となりうる。
 → 長期予測なんてできない
 「バタフライ効果
  ~ 完璧な計画など目指す必要はない

f:id:Kunihiko_Murayama:20170818150740j:plain.

フラクタル
 
 同じパターンを何度も繰り返す
 「自己相似」によって描かれる図形が
 自然界のなかにあふれている。
 (シェルピンスキー、マンデルブロ

f:id:Kunihiko_Murayama:20170818150804j:plain.

◎スケールフリー性
 
 ネットワークの可視化により見えてきたのは
 一部のノード(ハブ)は膨大なリンクを持つ一方で
 ほとんどはごくわずかなノードしかつながらない、
 というスケールフリーな分布をしていること。

 スケールフリーの構造は「自己相似」でできる
 フラクタルと同じである。
 ~ 自然界では誰もが平等に不平等。
   ということは、友達もお金も…

f:id:Kunihiko_Murayama:20170818150754j:plain.

◎学際領域

 自然(人を含め)を対象にする学問は
 昔ながらの秩序階層構造を止めて
 ネットワーク的なアプローチをすべきでは?

 そもそも研究領域を縦割りしたところで
 自然の構造はみな共通である以上
 各分野を極めると同じところに辿り着く。
 
 そういう認識をもとに研究体制も
 組み変えていくべきではないか?

f:id:Kunihiko_Murayama:20170818150759j:plain.

◎<変人>

 皆、実は等しく「変人」だ。

 自然界はちょっとやそっとのランダムでは
 びくともしない、柔軟な強さを持っている。

 怖がっていても仕方ないので、
 型にはめようとするのはやめて
 己の道を行かせるようにしよう。

.

森毅
 京大のエートスを創ったひとり

 エエカゲンがおもしろい。ぼちぼちいこか。

 http://medicines.aquaorbis.net/…/ni…/gakusya-j/mori-tsuyoshi

--------------------

さて、翻って自分の来し方行く末。

オーガニックとは人と人、
人と自然のつながりを大切にすること。

でもそもそも自然の「つながり」が
一体どんな構造をしているかを良く知るべし。
スケールフリーな構造とランダムな構造。

柔軟で強いネットワーク構造を前にして
この世界にイノベーションを起こすためには
僕らはどのような戦略を持ったらよいか?

自らに課したテーマを一段と
深めていく必要を感じさせられた。

「学ぶ」ことは素晴らしい。

奥伊勢

 

f:id:Kunihiko_Murayama:20170817182837j:plain

f:id:Kunihiko_Murayama:20170817182841j:plain

f:id:Kunihiko_Murayama:20170817182833j:plain

 

昨日は用事にて奥伊勢へ。

宮川に沿って大台~度会方面をぐるり。

気付きや発見の多い小旅行になりました。

.

帰り道は伊勢本街道を辿って櫃坂峠越え。

かつて此地を旅した人びとに想いを馳せました。

.

<いのち>は混沌と秩序の狭間に顕現する。

.

荒ぶる御魂よ、鎮まり給へ。