読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の雑感

忍びの里、伊賀の地より。オーガニックとは? 「本物」はどこに?

動的平衡を考える(その1)~国家と生態系

朝鮮半島を巡る緊張を眺めながら感じたのは

我が身の危険的なものでは全然なくて、

これからの世界はどうなっていくのか、

僕らはこの現代社会をどう生きていくのかを

「立体的に」捉えることの重要性でした。

 

国家間のやりとりは自分達に関係ないどころか

身近な人間関係の在り方と密接に繋がっており、

むしろリアルな拡大投影図のように感じられたのです。

 

で、どっぶりと浸って色々考えていたのですが、

なかなかキレイにまとまりきらないので

頭に浮かんだいくつかのイメージを足早に浚って

今後の思索の足場にしていきたいと思います。

 


★「国家」という統合形態の限界と来るべき共同性

今回の一連の出来事は「国家」間の争いですよね。

ただ、その前提となっている「国家」の意味は何だろう。

少し前の記事で目を引いたものがあったので引用します。

・第一の国家観では、国家を、ひとりひとりの人間の

  共存と福祉のための公共財である機械装置と考える。

 

・第二の国家観では、国家はひとりひとりの生命を超えた、

  より高次の崇高なる集合的生命とみなされる。 

この記事の著者は「個」を土台にした第一の国家の側に立ち、

全体主義的な国家の危険性を指摘し、批判します。

gendai.ismedia.jp

 

とはいえ、現代の混沌とした時代情勢のなかで

「ひとりひとりの生命を超えた集合的生命」

の存在が強く求められているのは紛れもない事実。

それでも、これほどまで多様化した社会のなかで

その標を国家に求めてよいのか、ということが

問題になっているように思います。

(「ムラ」「会社」あるいは「家族」でも同じこと。)

 

僕自身の感覚では、多様性~カオスに飲み込まれて

「集合態」と化した国家に「共同性」を求めることは

もはや救いにならないように感じられます。

 

孤立し荒んでいく「個」の心を満たすために

「神」の存在をどこに見出していくのか、

その実体を構成する組織態はどんなものになるのか?

 

ひとりひとりの物心両面を支えてくためには

単一のわかりやすい<象徴>で統合するよりも

幾重ものレイヤーが重ねられるような

構造が求められているのかもしれません。

 

歴史を振り返ってみると、宗教と国家とが

完全に切り離された状態というのは

かなり不自然な状態なのですよね。

「科学」「合理性」も一種の宗教と捉え、

その基盤が揺らいでいる現在の時代情勢を

どんな風にとらえればよいのでしょう。

 

ふと、歴史家トインビーを思い出してググっていたら、

松岡正剛氏のブログがヒットし、ここでのテーマ、

「現代の受けている挑戦」を乗り越える方法の一つとして

ディアスポラ~「散在体」について書かれていました。

 

「散在体」とは、移動する共同体であって

記憶をもったコモンズであり、

電子の網をつかった情報の複合体でありつつ、

応答をこそソリューションとする

プロセス組織というようなものなのではないか 

  705夜『現代が受けている挑戦』アーノルド・トインビー|松岡正剛の千夜千冊

 

変化の時。

 

既存の枠組を少しずつ解体しながら

人のつながりの新しいかたちを

模索していく時代なのだと思います。

 

外の世界を見ず、思考停止をして、

酔っぱらいのように全体主義を夢見つづける

「井の中の蛙」とどう対峙していくのか。

ハードに行くのか、ソフトに行くのか。

 

これぞまさに「政治」というもの。

 

 

★「生態系」という考え方

僕は「自立と共生」ということをテーマにして

有機農業に取り組んできましたが、

この業界では長らく「農薬」の使用について

色々と議論が交わされてきた経緯があります。

 

で、ふと思ったのですが、

農薬をどのように使うかということと

軍事力をどのように使うかということは

とても良く似ているようなのです。

 

虫や病気の存在を「悪」と決めつけて

農薬で徹底殲滅するという考え方を止めて

「生態系」全体のなかでの彼らの働きを意識して

取り得るオプションを模索するのが

オーガニックなスタイル。

これは持続可能な形で自然と人との関係を

築いていくうえでとても大切な思考法です。

 

でも消費者の側では、そんな僕らの想いとは関係なく、

我が身の安全のために「農薬」は使うべきでない、と

不安に煽られ奇妙な視野狭窄を起こす人が続出し、

「無農薬」というキーワードが独り歩きしました。

売る側もそれに迎合して調子よくやっているうちに

異常に単純化された図式が世に定着したのです。

 

「無農薬」=「平和」

 

同じような思考回路の定着メカニズムを感じます。

 

僕は社会や生態系そのものを<いのち>とみたとき、

それが「健康」という状態があると思っています。

そしてそれを実現するためには、

その構成要素となる人(細胞)に

ひとりひとりが自らの足で立ちながら、

共に生きているという現実を見失わない、

バランス感覚のようなものが要求されます。

応分の「リスク」の取り方、とも言っていい。

 

有機農業という方法論を用いてきたのは

そのための知恵を磨くためだったように思います。

 

守られ続けるうちに甘え、麻痺していきがちな

ヒトの本質的な「弱さ」と向き合いながら

次の時代を創っていくにはどうしたらよいか、

そのあたりのヒントが今回の事件のなかには

あったような気がしてなりません。

 

。。。

 

今日のところはこのあたりまで。

あと考えていたことは次のようなこと。

また時間があるときにまとめてみます。

 

★動的平衡を意識する

 

★秩序と無秩序のあいだ

 

★リーダーという機能

 

★家族をエンジニアリングする

 

 

 

 

春ですね。

伊賀の桜もそろそろ見納め。

 

しばらく続いた長雨が去って

昨日はひさしぶりに良い天気。

きゅうりの植え付け準備のため、畑に出て

昨秋から置きっぱなしになっていた

いんげんのアーチの片づけをしました。

 

3月中ごろに久々に深刻な喘息発作~増悪で

ひやりとしたので、治療の方針を転換。

掛かりつけの漢方のお医者さんを変えました。

これが良かったようで最近は心身とも

ずいぶん調子が良くなってきました。

色々なことが一気に良いほうに動き出した

そんな感じがするこの頃です。

 

。。。

 

で、

 

世界が大きく動きはじめましたね。

情報を読み解くためには心してかからないと

すぐに「井の中の蛙」、トラップにはまってしまいます。

バランスよく、現実を見つめていきたいところです。

 

www.express.co.uk

www.afpbb.com

www.huffingtonpost.jp

www.cbsnews.com

www.facebook.com

 

もろもろキナ臭い動きが続いていますが、

それほど悪い感じはしないのは何故でしょう?

起こるべきことはどのみちやがて起こるという感じ。

何が起ころうと、現実を正面からしっかり見つめ

淡々と暮らしをつくっていく腹を決めよう、

ということかもしれません。

 

<いのち>を見つめ続ける。

 

。。。

 

ところで、昨日目に入った坂爪さんの投稿には

改めて勇気をもらえました(下記リンク)。

 

今の世界、表面的な出来事を追いかけて

誰が良い悪いというような水掛け論や

泥縄的な対症療法を続けていたって

結局のところ何も変わらないと思うのです。

 

渦の中心にある人たちの心の在り方を

しっかり見つめることこそ、

本質的な解決に近づく方法だと感じます。

中でもとりわけ重要なのは家族の在り方。

彼の提案する「ごちゃまぜ家族」に

大きな可能性を感じます。

 

ibaya.hatenablog.com

 

t.co

 

回り道に感じられますが、

いかなる場面においても一人一人が自立すること、

つまり自尊心をしっかり持てるようになることが

社会を豊かにしていくために重要な鍵になりそう。

 そしてその土台を為すのは「全能感」なんですね。

 

自尊心がある人間は、周りの顔色を窺い続け、

「分かったような」顔をする大人にはならないのです。

オリジナルであること、自負があるからこそ、

他者の存在にきちんと向き合うことができる。

 

「芯」

 

axia-co.com

 

www.amazon.co.jp

 

 

。。。

 

てなことで。

世界の動きには目を向け続けながら

ひとりひとりの心、足元の暮らしを見つめ

<いのち>を大切にするにはどうすればよいか?

そのためのインフラについて考え続けています。

 

アフリカで合田氏がやってる取り組みも面白いし、

ブロックチェーンの先行きについても継続フォロー中。

 

www.technologyreview.jp

 

www.dhbr.net

 

そんな時代背景を踏まえたうえで

僕らはこれからどんなサービスを提供していこうか?

ずいぶん長い間、思考・試行を繰り返していましたが、

いい加減その辺の道筋も明らかに。

 

ということで、

伊賀ベジとへんこの新しい枠組について

Websiteで表現しようと現在奮闘中です。

近日公開予定。

 

さぁ世直しはじめましょ。

「根っこ」から。

【オーガニック】はどこへ行く?

www.yomiuri.co.jp

 

日本最大の野菜農家。

.

「有機農業」とか「循環」とかを考える者は

イオンさんの動きから目を離せないですねぇ。

.

少し前に県内のイオンのお店を覗いたら

オーガニックコーナーがすっかり充実していて

自社のJAS有機野菜がズラッと並んでました。

.

イオンアグリ創造の方とも会議などでご一緒して

お話しをお聞きする機会がありますが、

戦略策定・流通連携・人材育成など

長期展望に立って動かれている印象です。

個別農家がバラバラに動いているようでは

とても太刀打ちできないような

組織的な動きの威力を感じます。

日本に有機農産物(JAS)を広げる、

という意味での寄与はとても大きいのでは?

.

オーガニックスーパー「ビオ・セボン」

立ち上げから一息、苦戦の噂も耳に入ってきますが、

創業時の模索なんてそういうもんだと思うし、

母体の体力を考えればある意味想定の範囲内?

担当者の腹さえ決まっているなら

ジワジワと伸びてくるんじゃないのかなぁ。

.

食品残さの再資源化事業の話も載ってます。

これってこれからの時代、循環型の社会を

創り上げていくためには欠かせない視点ですね。

関西では「大栄環境」がタッグを組んでます。

.

この会社は伊賀市では「三重中央開発」として

最終処分場を運営し、最新鋭の設備で

あらゆるゴミ(放射性廃棄物を含む)の

リサイクル/埋めたて処理を行っています。

.

2012年に三重県による震災がれきの

受け入れが問題になった際に、

ちょっとした話題になった場所でもあります。

僕の人生は、この出来事をきっかけに

大きく転換を迫られたのでした。

(記事)

www.facebook.com

(要望書)

www.facebook.com

.

当時は諸々悩み苦しむ時間が続いたけれど、

その後、国のガイドラインの転換により、

8000ベクレル以下の放射性物質は

一般廃棄物として扱えるようになったため、

今は全国の処分場に運ばれています。

(参考)

saigaijyouhou.com

(常総市の水害による土砂の三重運び込み)

blog.goo.ne.jp

.

西日本最大級の最終処分場のある伊賀市予野地区。

三重中央開発の用地買収は順調に進み、

今も大幅拡張工事が展開していて、

近辺を通ると巨大ピラミッド(埋めたて処理の山)が

立ち並ぶ、なかなか壮観な光景になっています。

f:id:Kunihiko_Murayama:20161231174753j:plain

.

地元の在所の人たちの過半は従業員など関係者で、

会社は寄付や清掃活動など地域貢献にも熱心です。

用地の買収は最初は子会社の農業生産法人が行い、

それが数年後に処分場として用地転用されていく形。

国のパイロット事業で造成した農地が主ですが、

米や野菜を作ったところで収入は知れたもの。

土地を高値で買収してくれるなら言うことなしです。

.

だから、こうした事業の展開に疑義を挟むこと、

異を唱えることは、とても難しい選択になります。

基地や原発が立地しているところと似た構造ですね。

.

この国には、どこかで誰かが引き受け、

己の生命を削りながらでも、

向き合い続けなければいけない問題がある。

.

そうです。

その通りです。

.

メルトスルーのため汚染が深刻なフクイチ。

気の遠くなるような廃炉作業が続いています。

(参考)

d.hatena.ne.jp

(フクイチ廃炉作業員らに寄り添う吉川さん)

www.buzzfeed.com

.

困っている人、苦しんでいる人たちが居る。

その痛みを少しでも自分達が背負えるなら・・・

こうした想いは本当に大切にしたい。

だけど、その想いを利用し、踏み台にして、

己の利を追及することは慎まなければなりません。

.

お金でも、権力でも、権威でも、

力を持つ者が腐敗することを止めるのは

本当に容易ではないのだと感じます。

.

ちっぽけな我が身を振り返ってみても、

現場で一人で畑作業をしていたときと

会社を経営するようになったときとでは

精神を凛と維持する困難さは全く違います。

楽しよう、考えるのは止めよう、と、

どうしてもなってしまうのは、

ある意味人間の根底にある習性なのでしょう。

.

だからこそ、トップダウンの判断だけに依存し、

周囲はあまり深入りせずに忖度して、

公に見えないところで粛々と物事を進める姿勢は

やがて本当に国を亡ぼすのではないか、

という気がしてならないです。

.

ひとり、ひとりが自分の頭で考え、

知恵を出し合い続けて皆で生きていく。

そのことを何より大切にしたい。

.

二宮尊徳の語った「天道」と「人道」

そのあたりに大きなヒントがありそうです。

.

僕たちが生きるこの社会は、

自分たちの未来を

どんなふうに描いているでしょうか?

.

僕らは僕らなりのアプローチで

より良い時代を創っていきたい。

その想いを大切にしながら、

笑みを絶やさず、優しさを忘れず、

日々を生きていきたいと願うばかりです。

.

オーガニックとは。

ひとつひとつの「いのち」の価値を

最大限に尊重し続ける意志。

そんな生き様。

 

311

6年。

僕らは何を学び、何を為したか。

<いのち>

<つながり>

己に出来ることは本当に限られているけれど

僕は僕という存在を真っすぐに受け止めて

来る日、来る日を全力で生き続けたい。

色即是空 

空即是色

一筋のひもが結ばれ、解かれるように、

ひとつ、ひとつの生命が

生まれ、滅するなかで、

描かれる世界の物語が

どこまでも豊穣たらんことを。

この世に無駄なことなどない。

いのちよ蔓延れ。

生産性 雑感

「生産性」という言葉を聞くと冷たく、殺伐とした印象を抱くひとがいる。
それはこの言葉のイメージが、その人のなかで「評価」と結び付いているからだと思う。

勉強や仕事ができる、できない、その格付けから自分の未来が大きく影響を受けると感じていれば、「評価」の匂いがするものには敏感にならざるを得ないだろう。
日本人の傾向として、自分が周囲からどう思われているかを気にし続ける(怯え続ける)ケースは非常に多い。
これは学校教育において、基準となる「正しいこと」が先にあって、そこに足りない部分を粗探しする、いわゆる減点法が行われてきた弊害も大きいだろう。
100点満点のテストとか、平均点とか、偏差値とか、よくできました、とか。

でも今の時代に求められる生産性とは、間違いや無駄を探すことではなく、むしろ常に枠を越えて改良すること、新しいものを創造することにある。
創造とは、一方向の強い磁場(秩序)の影響下ではなく、豊かな多様性(カオス)のなかでしか起こらない出来事だ。

その意味で、今、日本人が生産性を向上するには、横並びの中で叱られるのではないか、とビクビクとしている心に気付き、その苦しみから自由になって、伸び伸びと自己表現できる時間と場所、「安全な港」を確保することが一番効果的なのかもしれない。

で、それをどこで実践するかだけど、狭い共同牲のなかに閉じ込もらず、広く世界に開いた関係を体験できる、切磋琢磨の場という意味で、ベストな場所は案外「ビジネス」にあるかもしれないと思う、今日この頃。

日本の生産性の水準

Yahoo! JAPAN
Chief Strategy Officer 

安宅 和⼈氏


“シン・ニホン”

AI×データ時代における

⽇本の再⽣と⼈材育成


http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/shin_sangyoukouzou/pdf/013_06_00.pdf

 

--------------

井の中の蛙をやめて、世界を知ろう。

情報産業革命に付いていけないために

世界における日本の生産性の水準が

相対的に激しく低下していることに気付こう。

.

とりわけローカル社会ではこのあたりの感度はとても鈍い。

アフリカ行ったってスマホ当たり前に使う時代なんだよ~。

生産性の低い国はズブズブと沼にはまっていくんだから。。。

エネルギーも肥料も容易に買えなくなるくらい貧しくなれば

やがて食べものだってろくなモン作れなくなるよ~。

邪なやつが搾取しているとか言ってる暇があれば

少しでも自ら新しい技術を学んで皆の生産性を上げよう。

.

自分は世界のことをわかっていると勘違いしている

脳内化石化した「じゃまオジ」たちを早く蹴り出して

農と食に携わる人材確保~育成も何とかしていくべし。

.

データ解析 × ビジネスセンス × エンジニアリング

.

これからの日本の「食」を支える産業にとっても

不可欠な要素になっていくに違いない。

オルロフ 崩壊5段階仮説

今の米国のもつれた状況は、少なくとも、

「南北戦争 - CIVIL WAR」まで遡らないと

解せないテーマを抱えているような…。

 

トランプ大統領が「リンカーン - Lincoln」を

意識しているのも訳のないことではない。

当時、工業化の進展した北部が、奴隷制に支えられた

綿花栽培等、農業中心の経済圏だった南部を制圧し、

黒人たちを奴隷の身から救い出し「市民」として解放した。

しかし、その本質的な意味はどこにあったろう?

 

あるいはそれは、

社会を下層で支える労働者・消費者を

新たに生み出す必要性に迫られた、

深い貪欲が生み出した帰結だったかもしれない。

 

資産の液状化、そして、転移。

 

南北戦争が米国の社会にもたらしたものとは?

 

ピケティが「21世紀の資本」のなかで

資産の歴史トレンドを可視化したとき、

米国の奴隷の価額がちょうど牛や馬のように、

資産として正確にカウントされることに衝撃を受けた、

そのくらくらする感覚が頭を過ぎる。

 

いのちとは?

自由とは?

 

古びたつまらぬ倫理性に必死にしがみついて

我が身の保身を図るおっさん、おばさんたちより、

ちょっとやそっとの残酷性など

既にさらっと乗り越えてしまっている

若い世代なら、或いは、こうしたことの意味が

もっと直観的に分かるのかもしれない。

 

暗闇の中で進む道を手探りしながら、

歴史の井戸を覗き込む。

地球の歴史、人類の歴史、

今、ここで展開されていく

この生命の物語をどう読むか?

 

こんなの読んでみようかなぁ。

「末法の世」を生き抜く知恵。

 

それでもやっぱり、

愉しい夢を描こう。ね。

---------------------

(訳書からの抜粋)

金融および商業の崩壊に対する

応答として派生していくことには、

専制政治から無秩序までと幅がある。

全面的な武力衝突の他にも多くの小競り合いや

行き詰まり状態も想定されるが、

ヒエラルキーのない自治的な社会的協力

というスイートスポットもある。

 

ドミートリー・オルロフ著 『崩壊 5 段階説:生き残る者の知恵

https://www.amazon.co.jp/%E5%B4%A9%E5%A3%8A5%E6%AE%B5%E9%9A%8E%E8%AA%AC-%E7%94%9F%E3%81%8D%E6%AE%8B%E3%82%8B%E8%80%85%E3%81%AE%E7%9F%A5%E6%81%B5-%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%83%95/dp/4794810237

訳者によるアンチョコ

http://shukusho.org/data/32resume.pdf